19日に開幕する第92回選抜高校野球に出場する加藤学園高野球部が25日、沼津市役所に頼重秀一市長を訪ねた。勝又友則主将は「市民の方々に恩返しできるよう精いっぱい頑張る。一戦必勝、全員野球で戦う」と健闘を誓った。
 登録選手18人と米山学監督、山田泰基部長が訪れた。選手たちは「勝負強いバッティングで勝利に貢献する」「思い切りの良いピッチングで相手を打ち取る」などと一人ずつ意気込みを語った。チームは秋以降、体づくりに励み、勝又主将は「体つきが大きくなった」と手応えを感じているという。「チーム力を大切に(部員全員で)同じ方向へ力を出したい」と話した。
 頼重市長は「皆さん...    
<記事全文を読む>