浜松学芸高校(浜松市中区)の書道部員が、三月十九日開幕の第九十二回選抜高校野球大会の入場行進で掲げる出場校のプラカードの揮毫(きごう)に取り組んでいる。加藤学園(沼津市)、日本航空石川、星稜(石川県)三校の校名を担当する。

 浜松学芸高は「書の甲子園」と呼ばれる国際高校生選抜書展・団体の部で今年、地区優勝した全国十一校のうちの一校として揮毫を任された。

 校内選抜を勝ち抜いた二、三年生三人が一月末から書き始めた。部員はこまめに筆を整えつつ進めていった。二十五日に、実際にプラカードで使う文字を選ぶ。

 部長の二年生、吉原美歩さん(17)=浜松市中区=は...    
<記事全文を読む>