日本高野連は19日、2020年夏の甲子園大会後に台湾・高雄で行われる18歳以下のU18アジア選手権大会に出場する高校日本代表監督に明徳義塾の馬淵史郎監督(64)を選任したと発表した。任期は2年。国際大会で指揮を執る高校日本代表監督は高知県で初めて。
 
 ヘッドコーチは花咲徳栄(埼玉)の岩井隆監督が務め、コーチは智弁学園(奈良)の小坂将商監督、沖縄尚学の比嘉公也監督。

...    
<記事全文を読む>