石川県高野連の放送員講習会は11日、金沢市の県青少年総合研修センターで開かれ、36校の野球部マネジャー91人が阪神甲子園球場職員から公式戦アナウンスの基礎を学んだ。
 講師を務めたのは小松大谷高OGの水谷佳代さん、星稜と履正社が対戦した昨夏の甲子園決勝で場内アナウンスを務めた窪田真子さんの2人で、発音やアクセント、学校名の確認などの注意点を詳しく説明した。
 「ウグイス嬢」となる各校のマネジャーは真剣な表情で耳を傾け、要点をメモし、球春に備えた。

...    
<記事全文を読む>