日本学生野球協会は2月4日、東京都内で審査室会議を開いて高校9件の処分を決め、福井商業高校の40代男性監督に対し、部員への暴力と報告義務違反があったとして3月21日まで2カ月の謹慎を科した。この監督は1月22日から部活での指導を行っていない。

 この監督は2011年から指揮を執り、11、13年の2度、夏の甲子園に出場している。

 同校によると、暴力があったのは1月18日午前。監督はグラウンドでのランニング練習で、2年生部員が手を抜いているように感じ、あごをつかんで注意。その後、次の練習メニューの説明中に同じ部員が下を向いて話を聞いていないように思えたため、注意し...    
<記事全文を読む>