第92回選抜高校野球大会(日本高野連など主催)の出場32校を決める選考委員会が24日、大阪市内で開かれた。21世紀枠の東海地区候補だった近畿大学工業高専(三重県名張市)は同枠での選出校(帯広農、磐城、平田)の補欠校となり、春夏通じて高専初の甲子園出場の夢は実現しなかった。

一般選考枠でも県内高校の選出はなく、3大会ぶりに県勢が出場しないセンバツになる。

近大高専は昨年9月の秋の県大会で初優勝した。10月の東海大会は初戦の準々決勝で静岡県代表の加藤学園に延長十回、4―5で敗れてベスト8で終わったが、成績以外に学校の特色などが加味される21世紀枠の最終候補に残っていた...    
<記事全文を読む>