第九十二回選抜高校野球大会の出場三十二校を決める選考委員会が二十四日、大阪市内で開かれ、二十一世紀枠で北信越地区候補校だった敦賀は選出されなかった。  二十一世紀枠は、東西に分けた各地区の候補校から一校ずつ選び、残り七校から三校目を選出。帯広農(北海道)、磐城(福島)、平田(島根)が出場する。  県勢が二十一世紀枠の北信越地区候補校になるのは三年連続だが、いずれも出場はならなかった。  (谷出知謙)

◆厳しい環境でも練習工夫、着実に力

 跳躍器具を活用したトスバッティングをする選手たち=敦賀市の敦賀高で 写真  敦賀高に甲子園行きの吉報は届かなかった。だが、左腕...    
<記事全文を読む>