選抜高校野球大会に昨年に続き10回目の出場を決めた国士舘(世田谷区)では24日、69人の部員がグラウンドで永田昌弘監督を胴上げし、「甲子園行くぞ!」と気勢を上げた。

 午後3時10分、出場決定の電話を受けた岩渕公一校長は、グラウンドで整列して待っていた野球部員に「出場が決まりました。全員一丸となり頑張ってください」と伝えた。鎌田州真(しゅうま)主将(2年)は「開幕を堂々と迎えられるようにしたいと思います」と返した。

 記者会見で、永田監督は「チーム発足当初は投手力が弱いと思っていたが、どこと戦っても失点を計算できる力を付けてきている。守るだけでなく攻撃力を大会ま...    
<記事全文を読む>