二十四日に出場32校が決まった第92回選抜高校野球大会(三月十九日開幕・甲子園球場)に、県内からは花咲徳栄(加須市)が選ばれた。夏の選手権大会に5年連続で出場している強豪も、センバツは4年ぶり5回目。待ち望んだ吉報に、部員たちは「優勝するぞ」と喜びをかみしめた。

 昨秋の県大会は制したが、関東大会はベスト8にとどまり、出場できるかどうかの当落線上にあった。

 4番を務める井上朋也主将(2年)は出場決定の一報を聞き、「ホッとした」と安堵(あんど)の表情。チームの強みは「守備から流れをつかみ、全員でつないで得点を重ねる野球」だとし、「秋はチャンスでの一本が出ず、打て...    
<記事全文を読む>