21世紀枠で関東・東京地区の候補に初選出された宇都宮に24日、96年ぶりとなる甲子園出場の吉報は届かなかった。藤田壮大(ふじたたけひろ)主将は「残念だが、一喜一憂せずに今後も練習に取り組み、今回感じた応援の大きさに報いる結果を残したい」と前向きに語った。

 午後3時、同校の村山二郎(むらやまじろう)校長は校長室のパソコンで選考委員会のライブ中継を見守り、21世紀枠の3校が決定したことを確認。その後、自ら校内放送で「残念ながら本校は21世紀枠に選出されませんでした」とアナウンスを流した。

...    
<記事全文を読む>