豊浦中学校出身で白樺学園高校(十勝管内芽室町)の野球部、二ッ森学さん(17)がセンバツ大会に出場することが決まった。攻撃的チームの中軸を担う。豊浦町の関係者は地元からの久々の甲子園出場に期待の声が上がっている。  二ッ森さんは、小学校入学する前に兄の影響で野球を始めた。中学時代は、クラブチームに所属し北海道選抜にも選ばれた。「攻撃的なスタイルが自分に合っている」と白樺学園に入学。右投げ右打ち、身長173センチ、体重70キロの遊撃手。打順は5番だ。  昨年の秋季北海道大会の優勝、明治神宮大会のベスト4に貢献。全試合を先発出場し、打率は4割超。長打力はもちろん、選球眼が良く、出塁率も高い。...    
<記事全文を読む>