石川県高野連の今年度第5回理事会・理事研究協議会は17日、金沢市の県青少年総合研修センターで開かれ、新年度の大会日程が決まった。夏の甲子園出場を懸ける第102回全国選手権石川大会は7月10日に熱戦の火ぶたが切られる。
 春の第142回北信越県大会(本社後援)は4月18日に開幕する。「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限導入に伴い、準々決勝、準決勝、決勝の間に休養日を設けて3連戦を避ける日程を組む。6月6~9日に長野県で開催される北信越大会のみ、投球数制限との兼ね合いから、ベンチ入り選手数を18人から2人増の20人とする。秋の第143回北信越県大会(同)は9月...    
<記事全文を読む>