富士山、出雲大社、伊勢神宮、白山の全国4霊場を結ぶ交点に位置する全国でも珍しいパワースポットの岐阜市敷島町の本荘神社。昨年、鍛治舎巧監督率いる県岐阜商高硬式野球部が参拝して今春の選抜大会出場を当確にしたことで話題になっており、新年の初詣客も倍増した。12日、同部が安全必勝祈願に訪れ、県勢戦後初の甲子園制覇を誓った。

 高校野球の名門県岐阜商高はOBの名将鍛治舎監督の下、新生に取り組んでいる。だが、昨年は全国トップレベルに成長したエース松井大輔投手が春季県大会で前十字靱帯(じんたい)を断裂する全治6カ月のけがで最後の夏に出場できないばかりか、新チームでエース格となった2年森大...    
<記事全文を読む>