「早く1軍に」ソフトB入り

 プロ野球・ソフトバンクから育成ドラフト7位で指名され、入団が決まった村上舜投手(山形中央高)の激励会が28日、山形市の山形グランドホテルで開かれた。村上投手は関係者から祝福を受け、プロの世界に飛び込む意気込みを新たにした。

 発起人を代表し、同校の長谷川浩二野球部OB会長が「この先、好成績の報告があることを確信している」とあいさつ。庄司秀幸監督が「素材がいいからこそ、1、2年かけて心身共に鍛えていけば、プロで活躍できる」と激励した。

 花束を受け取った村上投手は「早く1軍で登板できるよう頑張りたい」と力...    
<記事全文を読む>