高校野球の強豪だった川口市立川口高校野球部。2011年3月12日、この年、卒業する3年生は恒例の「卒業記念試合」を予定していた。しかし前日に東日本大震災が起き、引退試合は中止に。それから9年の歳月が流れた。学校は県陽高校、川口総合高校とともに、18年4月に開校した川口市立高校に統廃合され、12月からかつての校舎とグラウンドを新校の総合グラウンドにする工事が始まる。これを機に当時の野球部3年生が、かつてのままの野球場に集い、「引退試合」を開催した。

 当時の3年生は現在27歳になり、会社員や市役所職員、小学校教師などになって働いている。

 「卒業記念試合が中止にな...    
<記事全文を読む>