高校野球の兵庫県選抜チームに選ばれた赤穂の山本颯真投手。秋季県大会で55年ぶりの8強進出に貢献した公立のエースは「チームのみんなのおかげで選んでもらえた。周りの選手の姿勢を吸収して持ち帰る」と意気込んでいる。

 赤穂西中の軟式野球部出身の左腕。直球は120キロ台ながら、制球力を武器に4種の変化球を巧みに投げ分ける。県大会では1回戦から3試合連続完封を達成。躍進の立役者となった。

 選抜チームは県高野連主催の6年に1度の海外遠征に合わせて結成され、22日から台湾で親善試合を行う。強豪校の主力がそろう中、事前の練習試合に登板。1日の神戸国際大付との試合では「できるこ...    
<記事全文を読む>