県高野連は5日、来夏の全国高校野球選手権富山大会の日程を決めた。7月8日開幕、30日決勝で、会期は今夏より6日長い23日間。順延がなければ連戦はなく、準決勝と決勝は中1日になる。高校球児の故障予防に注目が集まる中、過密日程が緩和される。

 開会式を2日早め、決勝を4日遅らせた。甲子園球場での選手権の開幕が今夏より4日遅く、大幅な日程の変更が可能になった。1回戦は7月11、12日、2回戦は18、19日、3回戦は23日、準々決勝は25日、準決勝は28日に予定している。

 北野幹昌理事長は富山市内で開いた秋季総会で、日本高野連が定めた「週500球」の投球制限を加盟校に...    
<記事全文を読む>