青学大硬式野球部の監督として4度の大学日本一に輝いた河原井正雄氏(65)が、母校の群馬県立桐生高校の硬式野球部コーチに就任した。旧桐生中当時を含め県内最多春夏26度の甲子園出場、春2度の準優勝を誇る名門も「木暮、阿久沢」の1978年春夏を最後に聖地から遠ざかる。文武両道の名門再興を託された名将は「まず21世紀枠で甲子園を目指す」と意気込む。

◎「まず21世紀枠で」 母校で78年以来の出場狙う
 河原井氏は1987年に母校の青学大監督に就任し、東都大学リーグを12度制した。米大リーグでも活躍した井口資仁ロッテ監督、元日本代表監督の小久保裕紀氏ら数多くのプロ...    
<記事全文を読む>