雲仙市小浜町の小浜高野球部(14人)監督に就任して来年3月で50年となり、甲子園出場にも導いた溝田澄夫さん(73)=同市千々石町=に、県高校野球連盟(会長・西田哲也長崎北陽台高校長)は25日、長年の指導に対する感謝状を贈った。同連盟によると、同じ高校で半世紀にわたり指揮を執っている監督は県内では溝田さんだけで、感謝状の贈呈は初めて。

 溝田さんは、千々石第一小時代に野球に目覚め、千々石中、諫早高、西南学院大(福岡市)の野球部で白球を追った。家業を継ぐために古里に戻った後、1970年3月に小浜高軟式野球部の監督に就任。「野球で地域に役立てるのでは」と無報酬で引き受けた。 <記事全文を読む>