日本学生野球協会は26日、東京都内で開いた審査室会議で高校9件の処分を決め、3校を対外試合禁止とした。佐賀県では、鳥栖商野球部の男性監督が部員への暴言で1カ月の謹慎(14日~12月13日)になった。

 県高校野球連盟は鳥栖商の処分について「個別の案件についてコメントは差し控えたい」としつつ「不祥事はあってはならない。撲滅に向け働き掛けを行っていく」と述べた。

 悪質な部員の部内暴力があった東海大札幌(北海道)は11月13日から3カ月、部内暴力の千葉経大付は11月13日から1カ月、詳細は非公表の1校は部員6人による部内いじめのため10月24日から3カ月の対外試合禁...    
<記事全文を読む>