福井県高野連は11月24日、県内高校生投手を対象にした初めての肩肘検診を福井県福井市の福井総合病院で開いた。23校から97人が参加し、検診を通して自分の肩や肘の状態を知り、けがを予防するトレーニングなどを学んだ。

 日本高野連などが取り組む「高校野球200年構想」や県高校野球強化事業の一環として、福井県スポーツ医科学センターの協力を得て企画した。

 理学療法士が選手の肩や肘の柔軟性や痛みの有無をチェックし、専用器具で可動域を測定した。骨の状態などを確認するエコー検査やストレッチとトレーニングの指導もあった。

 福井工大福井高2年の高木寛斗投手は「エコ...    
<記事全文を読む>