県高野連は15日、来春開催される第92回選抜大会(甲子園)の「21世紀枠」の県推薦校に三浦学苑を選んだと発表した。同校の選出は初めて。

 1948年創部の三浦学苑は、これまで春夏を通じて甲子園の出場経験はない。2016年秋から3季連続で県大会ベスト16入りしたほか、18年夏の南神奈川大会でも16強に進出した。徐々に力を付けており、今秋は55年ぶりのベスト4入りと躍進を遂げた。夏の神奈川大会で球場補助員として運営に協力してきたことなども評価された。樫平剛監督は「子どもたちがこれまでやってきたことが報われた。教え子に感謝したい」と話した。

 関東・東京地区候補校は1...    
<記事全文を読む>