佐賀県高校野球連盟(松尾敏実会長)は15日、来春の第92回選抜高校野球大会の「21世紀枠」県候補校に選出した白石に推薦状を伝達した。

 同校は今秋の佐賀大会で4強入り。準決勝で唐津商に1-5で敗れ、初の九州大会出場こそ逃したものの、粘り強い戦いが光った。

 佐賀市の佐賀西高であった伝達式では、武冨壱聖副主将が松尾会長から推薦状を受け取り、「これからも地に足をつけ、春、夏の佐賀大会優勝を目指して冬場のトレーニングに励む」と話した。

 21世紀枠は12月中旬の九州地区理事会で九州・沖縄各県の推薦校8校から1校が選ばれ、来年1月下旬に出場する3校が決まる。...    
<記事全文を読む>