第50回記念明治神宮野球大会第1日(15日・神宮球場)高校の部の1回戦が行われ、北信越代表の星稜は四国代表の明徳義塾(高知)に5―8の逆転負けを喫した。元大リーガー松井秀喜氏が5連続敬遠されて惜敗した1992年夏の甲子園2回戦以来、27年ぶりの再戦はまたしても星稜が悔しい結果で終わった。

...    
<記事全文を読む>