日本高野連が設置した投手の障害予防に関する有識者会議は、地方大会の試合日程に間隔を空け、3連戦を避けることを全国の高野連に呼び掛けている。夏季や秋季の県大会は、土日開催が主なため県高野連の又吉忠理事長は「特に問題はない」との見解を示し、球数についても日程を空けることで対応できるとの考えを示す。一方、春休み期間中に開催される春季大会は、連戦が続く可能性もあるため「日程の見直しを検討している最中だ」と対応する構えだ。

...    
<記事全文を読む>