投打の柱がセンバツ切符をたぐり寄せた。高校野球の秋季都大会は十日、神宮球場で決勝があり、国士舘が6-0で帝京を破って2年連続7度目の優勝を果たした。秋の成績は、来春の選抜甲子園大会の出場校を決める資料となる。国士舘の出場は確実となった。

 (加藤健太)

 国士舘は三回、内野安打と四球で2死一、三塁とし、3番清水武蔵選手(1年)が左中間へ2点適時二塁打。「先制したらチームが勢いに乗ると思ったので」と甘く入ってきたスライダーを狙い打ちした。

 先発した中西健登投手(2年)は、準決勝の城東戦に続く完封勝利。抜群の安定感をみせた右腕を、永田昌弘監督は「疲れていただろうが、...    
<記事全文を読む>