兵庫県高野連は6日、来春の第92回選抜高校野球大会の21世紀枠候補に、兵庫から今秋の県大会8強の市西宮を推薦すると発表した。今後、近畿地区の推薦6校から1校に絞り、来年の出場校選考委員会で全国9地区から3校を決定する。

 市西宮は今秋の県大会で17年ぶりに8強入りし、優勝した報徳に準々決勝で敗れた。今春の県大会で16強入りするなど、近年上位進出を重ねている点が評価された。練習時間は1日約2時間と短く、手狭なグラウンドを他部と共有しながらチーム強化に励んでいる点も理由に挙げられた。2002年以来2度目の推薦で、前回は近畿地区の選考で漏れた。

 学校は1920年に設...    
<記事全文を読む>