県立川越高校と県立春日部高校の学校創立120周年を祝う、両校野球部による記念試合が4日、川越市の初雁公園野球場で行われた。地元の川越高校からは応援部や吹奏楽部もスタンドに繰り出し、多数の卒業生も駆け付けた。両校野球部による記念試合は創立100周年以来、20年ぶり。

 川越高校は1899(明治32)年、県第三尋常中学校として開校した。野球部は1901年に創部している。春日部高校は県第四尋常中学校として開校し、野球部は02年に創部した。両校とも文武両道を追求し、川越高校野球部は31年春、59年夏に甲子園に出場している。

 この日の記念試合は川越高校の呼び掛けで実現し...    
<記事全文を読む>