秋の中国高校野球大会最終日は3日、鳥取県のどらドラパーク米子市民球場で決勝があり、3年連続15度目出場の倉敷商(岡山2位)が鳥取城北(鳥取1位)を9―7で破り初優勝を果たした。中国地区代表として明治神宮大会(15日開幕)に出場する。

 倉敷商は同点の三回、浅野の2点本塁打など打者一巡の猛攻で大量6点を奪った。四回にも3安打を集めて2点を加え、粘る鳥取城北を振り切った。岡山勢の優勝は2年ぶりで、倉敷商は8年ぶり4度目のセンバツ出場が一層有力となった。

 倉敷商は明治神宮大会の1回戦で関東地区代表の高崎健康福祉大高崎(群馬)と対戦する。
<記事全文を読む>