秋の中国高校野球大会第3日は27日、鳥取市のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場などで準々決勝2試合と1回戦残り2試合が行われ、2年連続7度目出場の創志学園(岡山1位)は準々決勝を突破して昨年に続いて4強入りした。2年ぶり3度目出場の山陽(岡山3位)は1回戦で敗れた。

 創志学園は12安打と打線がつながり、出雲西(島根3位)に5―1で快勝。山陽は投手陣が13四死球と崩れ、高川学園(山口2位)に5―7で屈した。鳥取城北(鳥取1位)は準々決勝で平田(島根2位)を下し、新庄(広島1位)は1回戦で八頭(鳥取3位)との投手戦を制した。

 ...    
<記事全文を読む>