第七十二回秋季東海地区高校野球大会は二十七日、岐阜県の長良川球場(岐阜市)と大垣市北公園野球場で、準々決勝の四試合があった。三重県勢は県大会優勝の近大高専が、加藤学園(静岡二位)に4-5で競り負けた。県大会二位の津商は、中京大中京(愛知一位)に0-7でコールド負けした。二十六日に敗退した県三位の三重とともにすべて姿を消し、県勢の4強入りはならなかった。

◆近大高専、延長で涙

 近大高専は終盤に追い上げたが、最後に力尽きた。

 同点の延長十回、加藤学園・平尾の右越え二塁打で出塁を許すと、1死一、三塁から重盗で平尾...    
<記事全文を読む>