高校野球の秋季東海地区大会は26日、岐阜県内で開幕した。初日は1回戦4試合が行われ県勢は津商が静岡商を11―2の七回コールドで下してベスト8進出を決めた。準々決勝で中京大中京(愛知)と対戦する。

 一方、三重は愛工大名電(愛知)に2―6で敗れた。

 また準々決勝から登場する近大高専の相手が加藤学園(静岡)に決まった。

 三重を含む東海4県から各県秋季大会の上位3校が出場して開幕した。27日は2会場で準々決勝4試合があり、県勢2校はいずれも大垣市北公園球場で試合を行う。

 大会結果は来年3月、阪神甲子園球場で開幕する選抜大会の出場校選考に反...    
<記事全文を読む>