高校野球の秋季中国地区大会に福山市の盈進と尾道市の尾道商が出場する。広島県代表3校のうち二つを県東部が占める。両市勢は夏の全国選手権大会を含め30年以上、甲子園出場がない。来春の選抜大会行きを懸け、地元の期待も高まる。

...    
<記事全文を読む>