◆高校野球秋季九州大会準決勝 創成館2-3明豊(23日・佐賀県立森林公園野球場)

■9回明豊中村V打

 力投するエースのために絶対に負けられなかった。2-2で迎えた9回、明豊打線にスイッチが入った。2死二塁から1番中村が左前へ適時打を放ち決勝点を挙げた。準々決勝に続き最終回で勝ち越しを決めると、エース若杉は9回裏を3人で抑えて決勝進出を決めた。

 5回からマウンドに上がった若杉は満身創痍(そうい)だった。準々決勝で死球を受けた右腕は「曲げると痛い」とテーピングを巻いていた。この日は7回の打席で利き腕の左肘に死球を受けた。左肘は腫れ上がっていたが「痛かっ...    
<記事全文を読む>