奥川選手ら 迫力キャッチボール披露

 夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した星稜高校(金沢市)の出場選手ら13人が22日、白山市千代野小学校を訪れ、地元の少年野球チームの児童やちよの幼稚園(同市千代野東)の園児たちと交流した。プロ野球ドラフト会議でヤクルトから1位指名された奥川恭伸投手らがキャッチボールも披露し、集まった球児たちが興奮した様子で眺めていた。(吉田拓海)

 野球に興味を持ってもらおうと、同幼稚園が企画。東海林航介選手が同幼稚園の出身という縁もあり、園の設立四十周年記念に合わせて開いた。園児や少年野球の選手たち、...    
<記事全文を読む>