第72回秋季関東地区高校野球大会は21日、上毛新聞敷島と高崎城南の2球場で準々決勝4試合を行った。群馬県予選1位の桐生第一は桐光学園(神奈川2位)に10―4で大勝、3位の健大高崎は西武台(埼玉2位)に3―2でサヨナラ勝ちし、それぞれ4強入りした。両校は来春の選抜甲子園出場が有力となり、群馬県勢で史上5例目、3年ぶりとなる2校出場の可能性が高まった。準決勝は26日、上毛新聞敷島で行い、桐生第一が山梨学院(山梨1位)、健大高崎が東海大相模(神奈川1位)と対戦する。

◎史上5例目、3年ぶり同時出場なるか
 桐生第一は三回に先制を許したが、四回に加藤真樹朗のスク...    
<記事全文を読む>