来春のセンバツにつながる第141回北信越地区高校野球大会(2019年秋季)は10月21日、石川県立野球場で決勝戦が行われ、星稜(石川1位)が19ー1で日本航空石川(石川2位)を破り優勝。来春の甲子園へ大きく前進した。星稜は4本の本塁打が飛び出すなど19得点と打線が爆発。石川県勢対決を制した。

星稜(石川1位)
042 152 032…19
000 000 010…1
日本航空石川(石川2位)

■星稜 寺西成騎―内山壮真
■日本航空石川 田中颯希、百瀬遥輝、山中大空、正木康盟―中谷仁人
...    
<記事全文を読む>