◆高校野球秋季九州大会1回戦 福岡第一8―1八重山農林【7回コールド】(20日・佐賀ブルースタジアム)

 高校野球の秋季九州大会(第145回九州大会)は20日、佐賀市立野球場などで1回戦4試合が行われ、30季ぶりに出場した福岡第一が八重山農林(沖縄)に8-1の7回コールドで快勝した。4番捕手の岸本暖(2年)が初回の先制打など3安打2打点の活躍で打線を引っ張った。大分商は58年ぶりに出場した大崎(長崎)との延長10回の接戦を4-3で制した。

 鹿児島城西は佐賀学園を7-0の7回コールドで破り、城北(熊本)は今夏の甲子園に出場した富島(宮崎)に8-7でサヨナラ勝ちし...    
<記事全文を読む>