第145回九州地区高校野球大会第1日は19日、佐賀市のみどりの森県営球場などで1回戦4試合があり、佐賀県勢は唐津商が春の選抜大会4強の明豊(大分第1代表)に14-20で敗れた。

 唐津商は打線がつながり、二回までに7点のリードを奪って主導権を握ったが、後半に投手陣が打ち込まれた。夏の全国選手権に出場した沖縄尚学は福岡工大城東に2―1で競り勝った。創成館(長崎)が熊本国府を4―2で下し、宮崎日大は鹿児島実に3―2で勝った。

 第2日は同球場で1回戦の残り4試合が行われ、佐賀県勢は第1代表の佐賀学園が鹿児島城西(鹿児島第2代表)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>