高校野球の秋季関東大会が19日開幕し、桐光学園(神奈川2位)は高崎城南球場で行われた1回戦で、霞ケ浦(茨城2位)を4-2で下してベスト8進出を決めた。21日の準々決勝で桐生第-(群馬1位)と対戦する。

 桐光は二回、直井宏路(2年)の先制犠飛と、馬込悠(同)の右前2点適時打で3点を先取。九回にも馬込の犠飛で駄目を押した。投げてはエース安達壮汰(同)が12安打を許しながらも2失点にまとめ、序盤のリードを守り切った。


 桐光学園の野呂雅之監督は「安達は悪いなりにもよく投げてくれた。次は地元の1位校。きょうの勝ちを糧にして向かってきたい...    
<記事全文を読む>