県勢は第1代表の鶴岡東が準優勝し、来春のセンバツ出場を有力にした。頂点に立った仙台育英(宮城1)とは実力に大きな差があった訳ではない。試合展開がその事実を物語っている。チームは攻守に安定し、一戦ごとに完成度を高めていった。県勢として15年ぶりに優勝を争った戦いぶりは称賛に値する。

 鶴東の強さは1球にこだわる集中力にあった。福島成蹊(福島2)との初戦から仙台城南(宮城3)との準決勝まで3試合連続で2桁得点を記録。青森山田(青森1)との準々決勝では持ち前の粘り強さで序盤の劣勢をひっくり返した。ずぬけた強打者がいる訳ではなく、各打者が打線のつながりを重視してコンパクト...    
<記事全文を読む>