来春のセンバツの重要な選考資料となる秋の中国高校野球大会の組み合わせが18日、別表の通り決まった。5県から16校(開催県の鳥取4校、他県各3校)が参加し、25~27日、11月2、3日に鳥取県のどらドラパーク米子市民球場などで行われる。

 岡山県大会を制した創志学園と準優勝の倉敷商を軸に広島1位の新庄、高川学園(山口2位)が優勝争いに絡みそう。鳥取城北(鳥取1位)、山陽(岡山3位)も力はある。

 投打のバランスが良い創志学園は練習試合を含む52試合のチーム打率が3割6分9厘。中軸の場谷と冨田で計95打点を稼ぐ。エース右腕の三方は185センチの長...    
<記事全文を読む>