磐城は終盤の好機をものにし、能代松陽に2―1で逆転勝ちした。

 「後ろにつなげば逆転できると信じていた」。磐城の首藤瑛太(1年)は7回、逆転のホームを踏むと、雄たけびを上げて喜んだ。

...    
<記事全文を読む>