福島成蹊は打線が沈黙し、鶴岡東に6回コールドで完封負けした。

 初出場の福島成蹊は本来の力を出し切れないまま、初戦でコールド負け。「(県大会とは)雰囲気が違った」。チーム唯一の安打を放った宍戸大輝(1年)は悔しさをそう表現した。

...    
<記事全文を読む>