秋の北信越高校野球大会は十四、十五日、石川県立野球場(金沢市)などで準々決勝四試合が行われた。十四日の試合で佐久長聖(県大会二位)は金沢商(石川三位)に勝ち、十五日は上田西(県大会一位)が北越(新潟一位)に惜敗した。準決勝は十九日に同球場で行われ、佐久長聖は星稜(石川一位)と決勝進出を懸けて対戦する。十四日は雨天のため二試合が順延されていた。

◆佐久長聖、1点を守り切る

 緊迫した投手戦となり、佐久長聖が1点を守り切って金沢商を退けた。

 佐久長聖は三回、梅野が左前打で出塁し、犠打で1死二塁とした場面で、花村が...    
<記事全文を読む>