第72回秋季東北地区高校野球大会は第3日の15日、岩手県営野球場などで準々決勝4試合を行った。青森県勢は、第1代表の青森山田が鶴岡東(山形第1代表)と激突。初回に小牟田が3点本塁打を放つなど、一時4点差をつけ試合を優位に進めたが、六回に3点、七回に大量6点を奪われ5-10で敗れた。盛岡大付(岩手第1代表)と対戦した第3代表の東奥義塾は、七回に主戦齊藤の制球が乱れ3失点。打線の援護もなく0-3で完封負けした。県勢3校は姿を消した。

...    
<記事全文を読む>