第72回秋季東北地区高校野球大会は盛岡市の岩手県営野球場と花巻市の花巻球場で、第2日の14日に2回戦6試合、第3日の15日に準々決勝4試合を行った。県勢は、福島成蹊(福島2)との2回戦を10―0の六回コールドで勝ち上がった第1代表の鶴岡東が、準々決勝で青森山田(青森1)に10―5で逆転勝ちし、4強入りを決めた。

 2回戦の鶴東は3点リードの六回に相手のミスに付け込むなどして一挙7点を奪って試合を決めた。準々決勝では4点を追う三回に4番馬場和輝の右犠飛で1点を返し、再び4点差とされた直後の六回には2番野川大輔の3点本塁打で1点差に詰め寄り、七回には打者一巡の猛攻で6...    
<記事全文を読む>