左前打で一塁に達し、右手をぐっと握りしめて思わず雄たけびを上げた。9―8と白樺1点リードの八回2死三塁、4番片山(2年)が放った適時打は、粘る相手を突き放し、初優勝をたぐり寄せる一打となった。「少しでも失点を取り返したかった。打てて良かった」と振り返った。

 決勝戦の先発を託されたが、変化球の制球が乱れ、一回に本塁打を浴びて先制を許した。その後もペースをつかめず、失策も絡んで6失点を喫し、四回途中で降板した。「味方のミスもカバーできず、踏ん張りきれなかった」と自身の投球を悔やんだ。

 それだけに、八回の場面は「何としても打たないと」との思いで臨んだ打席だった。4...    
<記事全文を読む>