来春の高校野球全国選抜大会への選考資料となる第145回九州地区大会の組み合わせ抽選会が11日、開催地・佐賀県のグランデはがくれで行われ、1回戦のカードが決まった。県1位代表の沖縄尚学は初日の19日第2試合(午後2時開始、佐賀市立野球場)で福工大城東(福岡2位)と対戦する。2位代表の八重山農林は第2日の20日第2試合(午後0時半開始、同)で福岡第一(福岡1位)と相まみえる。

 沖尚とぶつかる福工大城東は8月の福岡地区新人大会で優勝した実力を持つ。主砲・誉田貴之を中心に、打撃戦に強い印象だ。九州は9季ぶり20度目。

 八重山農林と顔を合わせる福岡...    
<記事全文を読む>