◆東海大相模6-2桐光学園

 高校野球の秋季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)最終日は6日、サーティーフォー保土ケ谷球場で決勝が行われ、東海大相模が6-2で桐光学園を破り、2年ぶり13度目の優勝を飾った。

 東海は2-2の七回に山村崇嘉(2年)、西川僚祐(同)の連続適時打で4点を勝ち越した。東海はこれで、今春から3季連続で頂点に立った。

 東海は神奈川1位校、桐光は2位校として、来春の選抜大会(甲子園)の出場校を選考する資料となる秋季関東大会(19日開幕・群馬県)に出場する。組み...    
<記事全文を読む>